タイ・ゼネコン大手社長仮釈放、密猟で1年11カ月服役

【タイ】密猟などで禁錮3年2カ月の実刑判決を受け2021年12月から服役していたタイ・ゼネコン(総合建設会社)大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)のプレームチャイ・カンナスート社長(69)が17日、仮釈放された。

 プレームチャイ氏は2018年2月、タイ西部カンジャナブリ県のトゥンヤイ・ナレースワン自然保護区内で、自身の運転手、猟師ら3人とキャンプしていた際に逮捕された。現場でライフル2丁と散弾銃1丁、密猟されたとみられるクロヒョウ、キョン(シカの一種)、ミヤマハッカン(キジの一種)の死体が押収された。プレームチャイ社長は逮捕された際に、見逃してもらおうと自然保護区職員に贈賄を試みたが、拒否された。このときの会話は録音され、裁判で証拠として提出された。2021年に最高裁で判決が確定した。

 ITDは中国系タイ人のカンナスート(陳)家とイタリア人のサルベージ技術者が1958年に設立。バンコクの高架鉄道BTS、スワンナプーム国際空港などの建設を手がけ、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、インドネシア、ミャンマーなどでも事業を展開している。2022年は売上高678.3億バーツ、最終赤字47.6億バーツ。プレームチャイ社長はITDの創業者一族の1人で、同社の筆頭株主(出資比率11.9%)。

 同社のホームページやタイ証券取引所(SET)の開示情報によると、プレームチャイ氏は収監後も現在に至るまで社長に留任している。

関連記事

トピック

  1. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  2. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…
  3. 休日はサメット島へGO!!バンコクから気軽に行ける人気の離島☆ 週末や6月の連休予約はお早めに♪ …

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る