33)小さくて素朴な「タカサブロウ」

和名:タカサブロウ(モトタカサブロウ)
英名:False Daisy
泰名:กะเม็ง(カメン)

 ちょっとした空き地や建物のわきなど、ほとんど雑草とみなされている花。自宅の裏庭の角にも咲いている。

 和名は「タカサブロウ」もしくは「モトタカサブロウ」と、人名そのもの。花の名称として意味不明。ネットで調べてみると、「和名の語源については諸説あるが不明」などと出てくるが、見つけた人の名前がそのまま付いたのだろうと想像させる。ちなみに英名もちょっと悲しい。

 いつでも咲いていて、草取りをしてもまたすぐに咲いてくる。花は直径1センチほどで、針のような花弁が不揃いのように見える。もう少し広い花びらを持つ種類があるが、そちらはどうも「ハキダメギク(掃溜菊)」という、やはり悲しい和名の別種のよう。

マクロレンズを通してみると、シベが小さくもしっかり形成されていて感心。

花弁がどうにも不揃い。

タカサブロウだと思い込んで撮っていたが、こちらはどうもハキダメギクのよう。

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る