増えすぎたサルを捕獲移送 遺跡の町ロッブリ

【タイ】クメール様式の遺跡と町に住み着いたカニクイザルの大群で知られる中部ロッブリ市で、増えすぎたサルを捕獲し、市郊外の飼育施設に収容したり、別の場所で自然に帰す試みが始まる。7日、タイ国立公園野生動植物局とロッブリ市などが合意した。

 当局は2014年以降、ロッブリ市で約2800頭のサルを去勢したが、2023年時点で依然として約2200頭が市中心部に生息する。サルは飲食店などに侵入して食べ物を漁ったり、群れ同士で路上でけんかするなどし、市民生活に大きな支障が出ている。

 

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る