増えすぎたサルを捕獲移送 遺跡の町ロッブリ

【タイ】クメール様式の遺跡と町に住み着いたカニクイザルの大群で知られる中部ロッブリ市で、増えすぎたサルを捕獲し、市郊外の飼育施設に収容したり、別の場所で自然に帰す試みが始まる。7日、タイ国立公園野生動植物局とロッブリ市などが合意した。

 当局は2014年以降、ロッブリ市で約2800頭のサルを去勢したが、2023年時点で依然として約2200頭が市中心部に生息する。サルは飲食店などに侵入して食べ物を漁ったり、群れ同士で路上でけんかするなどし、市民生活に大きな支障が出ている。

 

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

関連記事

トピック

  1. タイ駐在中に必ず行きたい休日を過ごすためのパーフェクトな楽園 ☆モルディブ☆行くなら早割や特典付で…
  2. バンコク発、日本行きプロモーション航空券情報♪ 期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討ください …
  3. 【6/10】「光輝く島」スリランカ2泊4日☆大遺跡群と聖地キャンディー して象の孤児院など見所を…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る