24)ほおずきのような実がなる「時計草」

和名:クサトケイソウ(臭時計草)
英名:Bush Passion Fruit
泰名:กะทกรก カトックロック

 自宅近所のコンビニの混雑している駐車場で、ゴミが転がって雑草が生い茂る一番隅っこに車を停めて下りたところ、足元に咲いていた直径3センチほどの花。ひと目見て時計草と分かるものの、タイでもかなりの数の種類があるので正確な名称が分からず、帰宅してネットで調べてみたら「クサトケイソウ」だった。臭いがするから臭時計草らしい。写真を撮っているときは臭いを感じなかった。

 原産地は南米ということで、タイでも古くからどこにでも咲ているという。直径1センチほどの黄色の実がなっていて、ほおずきのよう。食用らしいが、タイ語の紹介記事ではシアン化グルコシドという毒素が含まれているため生での食用は避けるべき、と書かれていた。とはいうものの、タイでは昔から茹でるなど火を通して食べているらしい。ちなみに自分の周囲のタイ人は食べたことがないと言っていた。

 一方、日本語の紹介ページでは英名のパッションフルーツから想像するとおり、食べられるし甘いと書いている。ちょっと心配。

ひと目で分かる時計草の形。

蕾もおしゃれ。

確かに甘そうで、つい食べたくなる実。

 

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る