カオパンサー(เข้าพรรษา 雨安居入り)7、8月(旧暦8月満月の日の翌日)

 祝日。アーサーンハブーチャー(วันอาสาฬหบูชา 三宝節)の翌日で、暦上の雨期入り。今年は8月1日(火)。酒類管理法によって国際空港を除いて酒類販売が禁止される。

 この日からオークパンサー(ออกพรรษา 雨安居明け)までのおよそ3カ月、僧侶たちは寺院からの外出を控えてより厳しい修行に励むという。人生で一度は出家すべきとされるタイ人男性は、修行が厳しい雨安居を避けたり、一方で敢えてこの時期を選んで出家したりする。

 タイ全国のそれぞれの寺院で、3カ月にわたってより厳しい修行を積む僧侶に、在家者がロウソクを持ち寄る。スーパーやデパートなどの小売店ではこの時期、寄進用の大小さまざまなロウソクを売るスペースが広く確保される。

 カオパンサーに合わせた祭事で最も知られるのが、東北部ウボン・ラーチャターニー(ウボンラチャタニ)県のロウソク祭り。バンコクに蜜蝋(みつろう)を献上する習わしが、ロウソクで造られた山車のパレードとして現代に残る。ただ20年ほど前から他県でも似たようなロウソク祭りが開催され、本場のウボン県に行かずとも、同レベルの山車を見学できるようになっっている。

 バンコクにほど近い中部サラブリー(サラブリ)県の王室寺院ワット・プラプッタバートでは、在家者が托鉢で花を寄進する「タークバート・ドークマイ」がカオパンサーに合わせて催される。

ウボン県のロウソク祭り。パレード前の準備。

東北部ナコーン・ラーチャシマー(ナコンラチャシマ)県で催されるロウソク祭り。

サラブリー県のタークバーツ・ドークマイ。

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る