10)火炎木ではなく「鳳凰木」

和名:ホウオウボク(鳳凰木)
英名:Royal Poinciana, Flamboyant, Flame Tree
泰名:หางนกยูงฝรั่ง ハーン・ノック・ユン・ファラン

 マダガスカル→英国→アジアと、西欧諸国の進出によってアジア各国に広まったホウオウボク。タイ語で「西欧の孔雀の尻尾」という意味。4月から5月にかけての暑い時期に満開となって目に眩しい。それ以外の時期でも普通に見られる。

 火炎木(火焔樹)と間違える在タイ日本人が多いが、英名のFlame Treeに惑わされているのだろうか。和名の火炎木は英名でAfrican Tulip。タイではホウオウボクほど見かけない。実際には多いのかも知れないが、目に止まりづらい。

くすんだ遺跡をバックに映える赤と緑。

アユタヤ(アユッタヤー)歴史公園にも多く咲く。

孔雀の尻尾のイメージと異なる気はするが、名前には品がある。

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る