10)火炎木ではなく「鳳凰木」

和名:ホウオウボク(鳳凰木)
英名:Royal Poinciana, Flamboyant, Flame Tree
泰名:หางนกยูงฝรั่ง ハーン・ノック・ユン・ファラン

 マダガスカル→英国→アジアと、西欧諸国の進出によってアジア各国に広まったホウオウボク。タイ語で「西欧の孔雀の尻尾」という意味。4月から5月にかけての暑い時期に満開となって目に眩しい。それ以外の時期でも普通に見られる。

 火炎木(火焔樹)と間違える在タイ日本人が多いが、英名のFlame Treeに惑わされているのだろうか。和名の火炎木は英名でAfrican Tulip。タイではホウオウボクほど見かけない。実際には多いのかも知れないが、目に止まりづらい。

くすんだ遺跡をバックに映える赤と緑。

アユタヤ(アユッタヤー)歴史公園にも多く咲く。

孔雀の尻尾のイメージと異なる気はするが、名前には品がある。

関連記事

トピック

  1. タイ駐在中に必ず行きたい休日を過ごすためのパーフェクトな楽園 ☆モルディブ☆行くなら早割や特典付で…
  2. バンコク発、日本行きプロモーション航空券情報♪ 期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討ください …
  3. 【6/10】「光輝く島」スリランカ2泊4日☆大遺跡群と聖地キャンディー して象の孤児院など見所を…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る