フィリピンのタンカー転覆事故、日本が国際緊急援助隊・専門家チーム派遣

【フィリピン】フィリピンのミンドロ島沖で2月28日、小型タンカー「プリンセス・エンプレス」が転覆し、積載されていた燃料油やディーゼル油が流出した事故で、日本政府は8日、フィリピン政府の要請を受け、油防除の助言を行う国際緊急援助隊・専門家チームをフィリピンに派遣することを決めた。

 現場周辺の東ミンドロ州を始めとする沿岸部では、漁業活動が禁止され、漁村やマングローブ林への油の漂着が確認されるなど、約6万5000人の周辺住民の生活に影響が出ている。現場では日本の海上保安庁から能力向上支援を受けてきたフィリピン沿岸警備隊が中心となり油防除作業を行っている。

 派遣する専門家チームは在フィリピン日本大使館、海上保安庁、国際協力機構の職員計8人で構成され、被害状況の調査を支援するとともに、現行の油防除作業に対して指導、助言を行う。

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1.   「タイの地方の子供たちにきれいで健康的な水を届けたい」。  水戸東、盛岡西北、仙台南、戸田、浦…
  2.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
  3. バムルンラード病院ヘルシーキッズイベント開催 今週日曜の3月3日朝10時より12時まで…
ページ上部へ戻る