タイの「ファミマ」、年内に消滅 「トップスデーリー」に

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ大手財閥セントラル・グループの流通部門セントラル・リテール・コーポレーション(CRC)はタイでフランチャイズ展開するコンビニエンスストア「ファミリーマート」全店を年内に自社の「トップスデーリー」ブランドに切り替える。年末でフランチャイズ権が失効するため。

 今後は店舗サイズが既存店の倍の250〜350平方メートルでイートインスペースや駐車場を備えた店舗を増やす。

 タイの「ファミリーマート」は1993年、ファミリーマートの直営でタイ1号店を出店した。2012年にセントラルとの合弁に切り替え、2020年にファミリーマートが合弁会社株をセントラルに売却して撤退した。事業は伸び悩み、2017年に1100店以上だった店舗数は現在400店程度に減った。

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1.   「タイの地方の子供たちにきれいで健康的な水を届けたい」。  水戸東、盛岡西北、仙台南、戸田、浦…
  2.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
  3. バムルンラード病院ヘルシーキッズイベント開催 今週日曜の3月3日朝10時より12時まで…
ページ上部へ戻る