スリランカに寄贈のゾウ、虐待疑惑でタイに帰国

【スリランカ、タイ】2001年にタイからスリランカに寄贈されたゾウが2日、タイ政府が用意したロシア製の大型輸送機でタイに帰国した。費用は約2000万バーツだった。

 ゾウはスリランカの仏教寺院で飼育されていた。昨年、虐待を受けてけがをしたという疑惑が浮上し、タイ当局が帰国させる準備を開始。スリランカでは、ゾウの帰国に反対してタイ大使館前で抗議集会が行われるなど、外交摩擦が生じた。

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1.   「タイの地方の子供たちにきれいで健康的な水を届けたい」。  水戸東、盛岡西北、仙台南、戸田、浦…
  2.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
  3. バムルンラード病院ヘルシーキッズイベント開催 今週日曜の3月3日朝10時より12時まで…
ページ上部へ戻る