プーケットで無許可ナイトクラブ2店摘発

【タイ】タイ内務省地方行政局は1日未明、南部プーケット島カトゥ地区の大型ナイトクラブ2店、「ラートリークラブ」と「マハーナコンプーケット」の立ち入り調査を行い、無許可営業などで店主2人を逮捕した。

 両店とも無許可営業の上、法定閉店時間の午前2時を過ぎて営業していた。立ち入り調査当時、「ラートリークラブ」には62人、「マハーナコンプーケット」には未成年10人を含む87人の客がいた。

 立ち入り調査は所轄警察署に知らせず行われた。所轄署の幹部には何らかの処分が下る見通しだ。

写真提供、タイ内務省

 

関連記事

トピック

  1. コムローイツアー第二弾☆再度予約受付開始!! 先行予約枠が大好評につき完売のため追加枠を確保しまし…
  2. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  3. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る