PM2.5濃度、アジア最悪はニューデリー

【アジア】スイスに拠点を置く大気質テクノロジー企業IQエアが131カ国・地域の大気汚染状況を調べた2022年版の「世界大気質リポート」で、世界の主要都市で2022年に大気中の微小粒子状物質(PM2.5)の年平均濃度が最も高かったはニューデリーで89.1マイクログラムだった。ニューデリーはチャドの首都ンジャメナに次ぐ世界2位だった。世界保健機関(WHO)の基準値は年平均5マイクログラム。

 アジアの主要都市のPM2.5の年平均濃度はダッカ65.8マイクログラム、カトマンズ40.7マイクログラム(同)、イスラマバード40.6マイクログラム、ハノイ40.1マイクログラム、ジャカルタ36.2マイクログラム、北京29.8マイクログラム、ビエンチャン27.6マイクログラム、ヤンゴン24.3マイクログラム、ソウル18.3マイクロ、バンコク18マイクログラム、クアラルンプール17.6マイクログラム、マニラ14.6マイクログラム、香港14.4マイクログラム、シンガポール13.3マイクログラム、台北9.9マイクログラム、東京9.2マイクログラム、プノンペン8.3マイクログラム――。

ジャカルタ

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る