PM2.5濃度、アジア最悪はニューデリー

【アジア】スイスに拠点を置く大気質テクノロジー企業IQエアが131カ国・地域の大気汚染状況を調べた2022年版の「世界大気質リポート」で、世界の主要都市で2022年に大気中の微小粒子状物質(PM2.5)の年平均濃度が最も高かったはニューデリーで89.1マイクログラムだった。ニューデリーはチャドの首都ンジャメナに次ぐ世界2位だった。世界保健機関(WHO)の基準値は年平均5マイクログラム。

 アジアの主要都市のPM2.5の年平均濃度はダッカ65.8マイクログラム、カトマンズ40.7マイクログラム(同)、イスラマバード40.6マイクログラム、ハノイ40.1マイクログラム、ジャカルタ36.2マイクログラム、北京29.8マイクログラム、ビエンチャン27.6マイクログラム、ヤンゴン24.3マイクログラム、ソウル18.3マイクロ、バンコク18マイクログラム、クアラルンプール17.6マイクログラム、マニラ14.6マイクログラム、香港14.4マイクログラム、シンガポール13.3マイクログラム、台北9.9マイクログラム、東京9.2マイクログラム、プノンペン8.3マイクログラム――。

ジャカルタ

関連記事

トピック

  1. タイ駐在中に必ず行きたい休日を過ごすためのパーフェクトな楽園 ☆モルディブ☆行くなら早割や特典付で…
  2. バンコク発、日本行きプロモーション航空券情報♪ 期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討ください …
  3. 【6/10】「光輝く島」スリランカ2泊4日☆大遺跡群と聖地キャンディー して象の孤児院など見所を…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る