タイ憲法裁、企業所有隠ぺいの疑いで運輸相の職務停止 

【タイ】タイの公共放送タイPBSなどによると、タイ憲法裁判所は3日、サクサヤーム・チッチョープ運輸相が建設会社ブリジャルーン・コンストラクションの所有者であることを隠ぺいしてるという野党の訴えを受理し、運輸相の職務を停止した。

 タイの現行憲法は閣僚が企業の株式を所有したり経営に関わることを禁止しており、憲法裁が違反と認定した場合、サクサヤーム運輸相は失職する。

 ブリジャルーンは東北部ブリラム県の政治、経済に強い影響力を持つチッチョープ家が1996年に設立した。プラユット軍事政権下の2014~2017年に運輸省から4億バーツを超える公共工事を受注。サクサヤーム氏は2019年にプラユット政権に加わる前に所有するブリジャルーン株を知人に売却したと主張している。

 サクサヤーム氏は1990~2000年代に首相府相などを歴任したネーウィン・チッチョープ氏の弟。ネーウィン氏は政界を引退したとしているが、サクサヤーム氏、アヌティン副首相兼保健相らが所属する与党第2党、プームジャイタイ党の影の党首という見方もある。

 

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る