36)料理にも薬にも利用する「チョウマメ」

和名:チョウマメ(蝶豆)
英名:Butterfly Pea
泰名:อัญชัน アンチャン

 日本語で蝶豆、英名も同様の意味合いらしいが、タイ語の語源は分からず。地方によってはデンチャン、ウアンチャン、エンチャンなどといろいろ呼ばれ、語尾のチャンも同一と思いきや綴りが異なる。熱帯アジアが原産だという。

 日本でも菓子の色付けに使用することが多く、タイでも同じ。伝統菓子、スナック菓子、オムレツなどの料理、お茶といった食べ物&飲み物に多用される。

 インターネットで調べてみると、根っこなどは直にこすって歯痛剤、雨水で養分を抽出して点眼薬や点耳薬に、花びらは女性の眉の色を濃くするために利用すると出てくる。いずれも昔の話と思われる。

 販売用はどこかでしっかり栽培されているのだろうが、街を歩いていて見かけるのはたいてい雑草状態。

熱帯アジア原産らしいが、日本の朝顔のような雰囲気も感じる。

育ち方を見るとやはりマメ科だと納得。

線路わきなど、雑草状態でしか見かけたことがない。

関連記事

トピック

  1. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…
  2. 只今、真っ盛り!そうだ、サムイへ行こう。 夏休み7-8月のサムイ島は人気が高いので早急にご予約検討…
  3. インターコンチネンタル@パタヤで優雅に過ごそう♪ 6/30までの予約に限るプロモでお得☆1泊からO…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング

    昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング  Japan Volleyba…
ページ上部へ戻る