31)大地に広く咲く黄色い花「キバナツノクサネム」 

和名:キバナツノクサネム
英名:Yellow Sebasnia Bloom Flower
泰名:โสน サノー

 タイ各地に咲き、乾いた大地で知られる東北部(イーサーン)辺りでも栽培で黄色い花を咲かせる「キバナツノクサネム」。中部アユッタヤー(アユタヤ)県の県花でも知られる。

ネット検索で和名はすぐに出てきたが、英名は学名の「Sesbania Aculeata」ばかりヒットする。和名で出てきた「黄花角草合歓」という漢字に無理やり当てはめて「Yellow Sebasnia」と検索してみたら、「Yellow Sebasnia Bloom Flower」がヒット。この辺りが通名のよう。

黄色い花は食用で市場でも売られる。茹でて「ナームプリック」というタイの塩辛を付けて食べるのが一般的。

東北部のコーンケーン県で夕方に通りがかったキバナツノクサネムの栽培地。

黄色も緑も明るくて全体的に色鮮やか。

「おひたし」など和風の食用もできそうな感じ。

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る