タイ電力会社EGCO、米で652MWのガス火力権益取得

【米国】タイの電力会社エレクトリシティ・ジェネレーティング(EGCO)は10日、米国のガス火力発電所3カ所の権益50%、出力652メガワット(MW)分を米投資会社ロータス・インフラストラクチャー・パートナーズから取得したと発表した。

 3カ所はペンシルベニア州のマーカス・フック・エナジー(出力912MW)、マサチューセッツ州のミルフォード・パワー(同205MW)とダイトン・パワー(187MW)。

 EGCOにはタイ発電公社(EGAT)が25.4%、東京電力、九州電力などの合弁会社が23.9%出資。

 

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る