いすゞ、タイで累計600万台生産

【タイ】いすゞ自動車(横浜市)は21日、タイでの車両生産台数が累計600万台に達したと発表した。

 いすゞグループは1963年から、タイで生産委託によるトラックの生産を開始した。1966年に泰国いすゞ自動車(IMCT)を設立。半世紀以上にわたり、ピックアップトラック「いすゞD-MAX」やPPV(Pick-up Passenger Vehicle)「いすゞMU-X」などを生産してきた。1974年にはタイ国内向けピックアップトラックの生産に着手、以来順調に生産台数を伸ばし、1963年の生産開始から丸60年で累計600万台を達成した。

 1999年のオーストラリア向けの輸出開始を機に輸出も拡大し、2002年には、それまで日本で行ってきた輸出向けピックアップトラックの生産をタイに完全移管した。現在、タイはいすゞグループのピックアップトラックのマザー工場であり、約100カ国・地域に年間30万~40万台の規模でいすゞ車を供給している。今年10月には大幅改良した「D-MAX」を発表し、タイで生産を開始した。

 いすゞはタイの2カ所に工場があり、年産能力は38万5000台、従業員約6000人。2022年の生産台数は約36万台だった。

 

写真提供、いすゞ自動車

関連記事

トピック

  1. バンコク発、日本行き航空券プロモーション情報♪ JAL購入期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討…
  2. 荘厳なアンコールワットを観光するならグリーンシーズンも♪ 雨季は力強い緑に映える苔むした遺跡が神秘…
  3. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 日タイ男子バレー「Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024」チケット販売開始

     9月14日(土)・15日(日)にバンコク都内のニミブットスタジアム(Nimibutr Stad…
ページ上部へ戻る