いすゞ、タイで累計600万台生産

【タイ】いすゞ自動車(横浜市)は21日、タイでの車両生産台数が累計600万台に達したと発表した。

 いすゞグループは1963年から、タイで生産委託によるトラックの生産を開始した。1966年に泰国いすゞ自動車(IMCT)を設立。半世紀以上にわたり、ピックアップトラック「いすゞD-MAX」やPPV(Pick-up Passenger Vehicle)「いすゞMU-X」などを生産してきた。1974年にはタイ国内向けピックアップトラックの生産に着手、以来順調に生産台数を伸ばし、1963年の生産開始から丸60年で累計600万台を達成した。

 1999年のオーストラリア向けの輸出開始を機に輸出も拡大し、2002年には、それまで日本で行ってきた輸出向けピックアップトラックの生産をタイに完全移管した。現在、タイはいすゞグループのピックアップトラックのマザー工場であり、約100カ国・地域に年間30万~40万台の規模でいすゞ車を供給している。今年10月には大幅改良した「D-MAX」を発表し、タイで生産を開始した。

 いすゞはタイの2カ所に工場があり、年産能力は38万5000台、従業員約6000人。2022年の生産台数は約36万台だった。

 

写真提供、いすゞ自動車

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る