レムチャバン港で化学物質積載のコンテナ爆発、病院で20人手当て

【タイ】29日午前11時ごろ、タイ東部チョンブリ県のレムチャバン港のコンテナ置き場で、化学物質のペルオキシドを収納したコンテナが爆発、炎上し、作業員20人がめまい、目の痛みなどを訴え病院で手当てを受けた。火は約1時間後に鎮火した。

 爆発したのは物流会社SCGJWDロジスティクスのコンテナ。当局が出火原因などを調べている。

写真提供、レムチャバン港

写真提供、チョンブリ県庁

写真提供、チョンブリ県庁

写真提供、タイ内務省防災局

 

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る