タイのセンタラ、大阪で高層ホテル開業 地上130メートルのルーフトップレストラン

【日本】タイの大手財閥セントラルグループのホテル部門センタラホテルズ&リゾーツが運営するホテル「センタラグランドホテル大阪」(客室数515)が1日、大阪市浪速区、南海電鉄なんば駅から徒歩4分の複合商業施設「なんばパークス」の新拡張エリア「なんばパークス サウス」で開業した。センタラが日本でホテルを運営するのは初めて。

 メインロビーは2階、客室は6~31階で、客室面積は27~56平方メートル。飲食店は2階にタイ料理「スアンブア」、海鮮料理「エンバシー・オブ・クラブ」、32階にステーキハウス「ウイスキーノヴァ」とカクテルバー「オートマタ」、地上約130メートルの最上階33階にルーフトップレストラン「クルードデッキ」、「燻製キッチン」、バーラウンジ「スモーク&スピン」がオープンした。センタラのラグジュアリースパブランド「スパ・センバリー」も開業した。

 「なんばパークス サウス」は「センタラグランドホテル大阪」、「ホテル京阪 なんば グランデ」、オフィスエリアの「パークス サウス スクエア」の主に3つの施設で構成される新エリアで、3月25日に一部開業、7月1日にグランドオープンした。

画像提供、センタラグランドホテル大阪

画像提供、センタラグランドホテル大阪

画像提供、センタラグランドホテル大阪

 

【PR】過去にタイで勤務した満55歳以上の方、タイの年金が受給できます。詳しくはこちら

関連記事

トピック

  1. コムローイツアー第二弾☆再度予約受付開始!! 先行予約枠が大好評につき完売のため追加枠を確保しまし…
  2. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  3. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る