住友倉庫、レムチャバン3期倉庫竣工

【タイ】住友倉庫は15日、タイ子会社の住倉レムチャバンが東部チョンブリ県レムチャバン地区のロジャナ工業団地レムチャバンに建設した同地区の3期倉庫が竣工したと発表した。

 敷地面積約3万2600平方メートル、延床面積約1万4300平方メートル。敷地の標高が約38メートルで、洪水リスクが低い。

 住友倉庫グループはタイで中部アユタヤ、バンコク、レムチャバンなどに拠点を置き、総合物流サービスを提供している。

 タイ最大の貿易港であるレムチャバン港を抱え、周辺に多くの工業団地が立地するレムチャバン地区では、2016年10月に1期倉庫、2018年11月に2期倉庫を稼働した。3期倉庫の稼働で、同地区の倉庫延床面積は約3万4000平方メートルになる。

 

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る