三菱重工、タイ東部ラヨンの超大型火力発電所初号機が運転開始

【タイ】三菱重工業は19日、タイ最大の独立系発電業者(IPP)であるガルフ・エナジー・デベロップメントと三井物産の合弁会社ガルフPDがバンコクの南東約130キロの東部ラヨン県で進める天然ガス火力発電所の建設プロジェクトで初号機を完工し、3月31日に運転を開始したと発表した。

 ガスタービン4台で構成される出力2650メガワットのガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)火力発電設備で、2024年秋までに全4系列の運転を開始する予定。

 東部チョンブリ県の同規模の発電所とともに2018年にフルターンキー契約で受注した。チョンブリの発電所は昨年10月までに全4系列が運転を開始した。これまでのところ、新型コロナウイルス感染症による行動規制があった中、5系列すべてが納期通りに運転を開始した。

記念式典の様子(写真提供、三菱重工業)

写真提供、三菱重工業

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る