1)タイのブーゲンビリア

和名:九重葛(ココノエカズラ)
英名:Bougainvillea
泰名:เฟื่องฟ้า フアンファー

 タイ各地どこに行っても必ず咲いている花。東南アジア諸国でも見かけ、アジアの花だと思っていたら、原産地は中南米や南米だとか。タイではピンクや白で咲き乱れ、その色が花だと勘違いされやすい。実際はその包葉の中に3つ、直径5ミリほどの白い花びらを付けて咲いている。

ときおり、10メートル近く成長した大きなブーゲンビリアの木を見かける。

自宅の庭のブーゲンビリアの包葉はほとんど、鳥に食べられてしまっている。

花自体は非常に小さい。

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る