バンコク・ラークラバン区で狂犬病

【タイ】タイの農業協同組合省によると、1月13日から2月12日に、タイ全国で狂犬病に感染した動物32頭が確認された。

狂犬病が確認されたのはバンコク都でイヌ3頭、東部チョンブリ県(シラチャー郡、サタヒープ郡など)でイヌ6頭、東北部ブリラム県でイヌ2頭、ウシ1頭、東北部マハーサラカム県でイヌ2頭など。バンコクで確認された狂犬病はいずれもラークラバン区。

タイ保健省によると、昨年10月1日から今年2月6日にかけ、ブリラム県と東北部スリン県で狂犬病に感染したとみられるほ乳類と接触した74人がワクチン接種を受けた。

狂犬病は狂犬病ウイルスによる感染症で、感染した哺乳類にかまれたり、傷口、目や口の粘膜をなめられたりすることで感染する。発病後の有効な治療法はなく、ほぼ100%死亡する。

関連記事

トピック

  1. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…
  2. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  3. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る