タイの日本食レストラン、5000店突破 ジェトロ調査

【タイ】ジェトロ(日本貿易振興機構)が行った「2022年度タイ国日本食レストラン調査」(店舗数調査期間2022年9月1日~11月15日)によると、タイ国内の日本食レストランは5325店で、前年調査の4370店から21.9%増加した。

普及型チェーン店、フランチャイズ店、タイ人経営の個店の増加が大幅増に寄与した。

業種別の店舗数は「寿司」が最も多く1431店(前年比19.6%増)だった。次いで「日本食(総合和食店など)」1273店(同18.9%増)、「ラーメン」611店(同33.1%増)、「すき/しゃぶ」386店(同16.3%増)、「居酒屋」369店(同34.2%増)、「焼き肉」341店(同29.2%増)、「喫茶」278店(同22.5%増)、「丼専門」167店(同9.9%増)、「カレー/オムライス」141店(同33%増)、「洋食」129店(同13.2%増)、「揚げ物」123店(同30.9%増)、「鉄板お好み」55店(同8.3%減)、「蕎麦うどん」21店(同5%増)――。

地域別で最も多いのはバンコク都で2394店。次いで東部チョンブリ県352店、バンコク北郊のノンタブリ県328店、北部チェンマイ県241店だった。

客単価別にみると、バンコク、地方ともに101~250バーツの店舗が最も多く、251~500バーツの店舗が続く。その次に多いのはバンコクでは501~1000バーツ、地方では100バーツ以下の店舗だった。

多店舗展開するブランドは51店以上9、11~50店48、6~10店56、2~5店344だった。

ジェトロが11月15日~12月10日に17社・団体を対象に実施したヒアリング調査では、日本食レストランの売り上げは2019年の70~90%まで回復しているとの意見が多数だった。回復しきっていない理由としては、原材料価格の高騰、会食・パーティー需要や外国人観光客の回復が遅れていることが挙げられた。

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る