日本政府、タイ北部の障がい者施設に福祉車両寄贈

【タイ】日本政府はタイ北部パヤオ県の障がい者施設、パヤオ県特殊教育センターに総額161.2万バーツの無償資金援助を行い、車いすリフト付き車両を贈与した。9日、引き渡し式典が行われた。

パヤオ県特殊教育センターは視覚、聴覚、知的などの障がい、重複障がいのある子どもを受け入れ、約300人の障がい児が登録されている。居住地や通学手段の問題から、通学できない子どもが一定数いるため、教師や保育士、理学療法士を家庭に派遣していた。リフト付き車両を整備することで、障害を持つより多くの子どもが定期的に専門的な教育、リハビリを受けることが可能になる。

関連記事

トピック

  1. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  2. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…
  3. 休日はサメット島へGO!!バンコクから気軽に行ける人気の離島☆ 週末や6月の連休予約はお早めに♪ …

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る