日本政府、タイの視覚障害者支援団体に353万バーツ無償援助

【タイ】日本政府はタイ最大の視覚障害者支援団体であるキリスト教視覚障害者財団に対し、東北部コンケン県に視覚障害者メディア制作・教育技術センターを建設する資金として、352.9万バーツの無償資金援助を行い、12月7日、現地で引き渡し式典が行われた。

キリスト教視覚障害者財団は教科書の点字翻訳や、触って物を認識するための教材、点字一般書籍や音声データ、オンラインで本やニュースが読める教材を製作し、タイ全国の視覚障害者の教育と生活を支えている。しかし、教材作成や機材のメンテナンス、利用者やボランティアの研修などに使用する専用施設を所有しておらず、教材が山積みになった手狭な部屋を応急的に使用していた。日本政府は視覚障害者メディア制作・技術支援センター1棟を整備することで、財団の活動を支援する。

タイの障害者証保有者の約1割(約19万人)が視覚障害者。重度の視覚障害者は日常生活を送る上で点字や視覚描写を補足する特別な音声データなどの専用の教材が必要だが、タイではそうした教材や情報保障への支援がまだ遅れている

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る