日本農業、清水港初のタイ向けサツマイモ輸出

【タイ、日本】日本農業(東京都品川区)は12月5日、清水港初となるタイ向け静岡県産サツマイモの輸出を行ったと発表した。

子会社でサツマイモを中心とする畑作品目の生産、選果、こん包、販売を行うジャパンベジタブル(静岡県牧之原市)と同社の契約農家が荒廃農地を再生して生産したサツマイモ約10トンを清水港からタイのレムチャバン港へ運搬し、日本農業のタイ法人ニホンアグリ(タイランド)が現地で販売、物流実験検証、流通販売などのマーケティング調査を行う。

サツマイモは東南アジアで人気があり、日本からの輸出量も右肩上がりであるにもかかわらず、需要の急拡大や病基腐 (もとぐされ) 病の蔓延で供給が間に合わず、機会損失につながっている。日本農業はサツマイモの供給量を増やし、需要に対応する。

関連記事

トピック

  1. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…
  2. 只今、真っ盛り!そうだ、サムイへ行こう。 夏休み7-8月のサムイ島は人気が高いので早急にご予約検討…
  3. インターコンチネンタル@パタヤで優雅に過ごそう♪ 6/30までの予約に限るプロモでお得☆1泊からO…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング

    昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング  Japan Volleyba…
ページ上部へ戻る