38)一番正しそうな名前が「アカネズミ」

和名:アカネズミ(コスタス・アカネズミ)
英名:Red Ginger, Crepe Ginger
泰名:เอื้องหมายนา(ウアン・マーイナー)

 調べれば調べるだけさまざまな名称が出てきて正確な種類を判断できないが、タイでよく見かけるのは「アカネズミ」もしくは「コスタス・アカネズミ」と思われる。「赤鼠」という種類の実際のネズミもいるらしい。花の方はほかにも、「オオホザキアヤメ」や「フクジンソウ(福神草)」などの名称が出てくる。

 タイでは民家の庭、公園、寺院の境内など、どこででも見かける。トロピカルな赤い部分は苞(ほう)のようで、やはりトロピカルな緑の葉とのコンビネーションで、とかく目立つ。

 苞から花が咲いている写真をネットで見ることができるが、タイで見るアカネズミは咲いても小さいもよう。これがオオホザキアヤメになると、白い大きな花を咲かせるらしく、アカネズミとは種類が違うように思える。アカネズミは茎の高さが1メートルほど。苞の長さは10センチほど。

 英名は、「Red Ginger」「Red Button Ginger」「Malay Ginger」「Crepe Ginger」などといろいろ出てきて、どれもしっくり来る。泰名は地方で多少分かれるようだが、標準語では「ウアン・マーイナー」のよう。

 原産はブラジルや東南アジアとその周辺地域などと出てくる。ブラジルでは苞の成分が薬用とのこと。ジンジャーと呼ばれるだけあって、食用できる種類も。

北部チェンマイ県の寺院に咲いていたアカネズミ。

バンコクにて。苞から飛び出た部分が花らしい。

白い花が咲く種類もあるが、(写真を撮影した)庭を管理している人は「そんな花、見たことがない」と言っていた。

ネットで「Red Ginger」と検索すると、こちらの種類が圧倒的にヒットする。

 

関連記事

トピック

  1. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…
  2. 只今、真っ盛り!そうだ、サムイへ行こう。 夏休み7-8月のサムイ島は人気が高いので早急にご予約検討…
  3. インターコンチネンタル@パタヤで優雅に過ごそう♪ 6/30までの予約に限るプロモでお得☆1泊からO…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング

    昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング  Japan Volleyba…
ページ上部へ戻る