タイ北部で大気汚染激化、ほぼ全域でAQI200超 

【タイ】タイ北部で山火事を主因とする大気汚染が悪化している。タイ天然資源環境省公害管理局によると、8日午前10時時点の空気質指数(AQI)は31カ所の観測地点のうち21カ所で「健康に悪影響がある」とされる200を上回った。

 各地のAQIは北部のメーホンソン県パーイ郡290、メーホンソン県メーホンソン市260、ラムパン県ラムパン市289、チェンライ県メーサイ郡256、チェンマイ県チェンダオ郡283、東北部のナコンパノム県ナコンパノム市251、ルーイ県ルーイ市248など。

 バンコク首都圏は41〜126だった。

チェンマイ県の山火事(写真提供、タイ内務省防災局)

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る