サンケン電気、スイッチング電源事業から撤退 インドネシア子会社解散

【インドネシア】サンケン電気(埼玉県新座市)は6日、スイッチング電源製品事業から撤退し、インドネシア子会社でスイッチング電源製品の主力生産拠点であるサンケン・インドネシア(資本金9600万ドル)を解散すると発表した。

 部材納期の長期化による在庫リスク、各種部材の生産終了にともなう代替対応、生産設備の老朽化などから事業継続は困難と判断した。2025年9月に製品の販売を終了する。

 サンケン・インドネシアは2022年3月期が売上高43億5800万円、当期純損失1億3200万円、2023年3月期が売上高55億100万円、当期純利益2600万円だった。

関連記事

トピック

  1. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…
  2. 只今、真っ盛り!そうだ、サムイへ行こう。 夏休み7-8月のサムイ島は人気が高いので早急にご予約検討…
  3. インターコンチネンタル@パタヤで優雅に過ごそう♪ 6/30までの予約に限るプロモでお得☆1泊からO…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング

    昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング  Japan Volleyba…
ページ上部へ戻る