サンケン電気、スイッチング電源事業から撤退 インドネシア子会社解散

【インドネシア】サンケン電気(埼玉県新座市)は6日、スイッチング電源製品事業から撤退し、インドネシア子会社でスイッチング電源製品の主力生産拠点であるサンケン・インドネシア(資本金9600万ドル)を解散すると発表した。

 部材納期の長期化による在庫リスク、各種部材の生産終了にともなう代替対応、生産設備の老朽化などから事業継続は困難と判断した。2025年9月に製品の販売を終了する。

 サンケン・インドネシアは2022年3月期が売上高43億5800万円、当期純損失1億3200万円、2023年3月期が売上高55億100万円、当期純利益2600万円だった。

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る