タイ最低賃金1月から2〜16バーツ引き上げ 24年中に再引き上げも

【タイ】政労使の代表からなる賃金委員会がまとめた2024年の法定最低賃金が26日の閣議で了承された。現行の1日328〜354バーツが2024年1月1日から330〜370バーツに引き上げられる。

 政権与党のプアタイ党は5月の下院総選挙で、最低賃金を2027年までに600バーツに引き上げる公約を掲げていた。セーター首相兼財務相は今回の賃金委員会の決定に対し、上げ幅が小さすぎるとして再検討を求めたが、原案通り受け入れを余儀なくされた。最低賃金を年内に再度引き上げ、巻き返しを図る方針だ。

〈2024年1月1日以降の1日の最低賃金〉

▼370バーツ

プーケット県

▼363バーツ

バンコク都、ナコンパトム県、ノンタブリ県、パトゥムタニ県、サムットプラカン県、サムットサコン県

▼361バーツ

チョンブリ県、ラヨン県

▼352バーツ

ナコンラチャシマ県

▼351バーツ

サムットソンクラーム県

▼350バーツ

コンケン県、チャチュンサオ県、チェンマイ県、プラジンブリ県、アユタヤ県、サラブリ県

▼349バーツ

ロッブリ県

▼348バーツ

ナコンナーヨク県、スパンブリ県、ノンカイ県

▼347バーツ

クラビ県、トラート県

▼345バーツ

カンジャナブリ県、ジャンタブリ県、チェンライ県、ターク県、ナコンパノム県、ブリラム県、プラジュワブキリカン県、パンガー県、ピッサヌローク県、ムクダハン県、ナコンナコン県、ソンクラー県、サケーオ県、スラタニ県、ウボンラチャタニ県

▼344バーツ

チュムポン県、ペチャブリ県、スリン県

▼343バーツ

ナコンサワン県、ヤソートン県、ラムプン県

▼342バーツ

カラシン県、ナコンシータマラート県、ブンカン県、ペチャブン県、ロイエット県

▼341バーツ

チャイナート県、チャイヤプム県、パタルン県、シンブリ県、アントン県

▼340バーツ

カムペンペット県、ピジット県、マハーサラカム県、メーホンソン県、ラノン県、ラチャブリ県、ラムパン県、ルーイ県、シーサケート県、サトゥン県、スコータイ県、ノーンブワラムプー県、アムナートジャルーン県、ウドンタニ県、ウタラディット県、ウタイタニ県

▼338バーツ

トラン県、ナーン県、パヤオ県、プレー県

▼330バーツ

ナラティワート県、パタニー県、ヤラー県

関連記事

トピック

  1. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…
  2. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  3. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る