三井不動産、クアラルンプールで高層マンション開発

【マレーシア】三井不動産はマレーシアの大手不動産デベロッパー、SPセティアがクアラルンプールの高級住宅街バンサー地区で手掛ける大規模複合不動産プロジェクト「セティアフェデラルヒル」(全体敷地面積21万平方メートル)内の高層マンションの開発に参画する。

 建設地はLRTクラナジャヤ線バンサー駅徒歩6分、KLセントラル駅徒歩9分で、敷地面積約1万800平方メートル。地上63階、地下3階と地上62階、地下3階の2棟で、延べ床面積13万500平方メートル、総戸数1360戸。2029年竣工の予定。

 「セティアフェデラルヒル」はオフィスビル、商業施設などを一体整備する大規模複合開発事業。

 

 

Setia Federal Hill全体パース(画像提供、三井不動産)

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る