ローム、マレーシア子会社でアナログIC製造

【マレーシア】ローム(京都市)のマレーシア子会社で発光ダイオード(LED)などを製造するローム・ワコー・エレクトロニクス(マレーシア)(RWEM)で、アナログIC(集積回路)の注力商品の一つである絶縁ゲートドライバーを製造する工場新棟が8月に完成した。今後、製造装置の導入を進め、2024年10月に稼働する予定。RWEMでICを生産するのは初めて。

 絶縁ゲートドライバーはパワー半導体を最適に駆動させるためのICで、電気自動車や産業機器の省エネ、小型化を実現する上で重要な役割を果たす。

 RWEMは24年1月に社名を「ローム・エレクトロニクス(マレーシア)」に変更する。

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る