タイ南部のマングローブで新種のクモ発見

【タイ】タイ国立公園野生動植物局は26日、タイ南部パンガー県のマングローブでみつかった新種のクモの写真を公開した。学名は「Chilobrachys natanicharum」。前脚の一部が鮮やかな青色だ。

 タイ国立コンケン大学の研究者とフォロワー数320万人超のタイ人人気ユーチューバー、ジョーチョー・シパワットさんが現地を調査して発見した。研究の詳細は今月18日、国際学術雑誌「ZooKeys」に掲載された。

 ジョーチョーさんとコンケン大学のチームはタイ北部ターク県の山中で、竹の稈(かん)の中空部分に潜り込んで糸を出して巣を作るクモ「Taksinus bambus」も発見し、昨年、新種と認定された。

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

写真提供、タイ国立公園野生動植物局

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る