タイ77景(14)ノーンブアラムプー県(Nong Bua Lamphu)タイ東北部

 1993年に隣県ウドーンターニー県から独立した新しい県。200年ほど前に隣国ラオスからの人々が移り住んだのが、現在の町の始まりとされる。

 考古学的には、1億4,000万年前の化石が発見されているといわれ、かなり古い時代から人々が住んでいたもよう。県内には史跡名所が何カ所もある。

 タイには国内いたるところに洞窟があり、その多くは寺院として利用されている。ノーンブアラムプーはウドーンターニー県とルーイ県に挟まれたアクセスの不便な山がちな地形。やはり洞窟が多く、寺院として仏像が安置され、在家者の参拝が絶えない。

——————————————————————————————
人口: 50万9,000人(2021年、内務省地方自治振興局)
面積:3,859平方キロメートル(エネルギー省)
距離:バンコクから577キロ(タイ道路協会)
——————————————————————————————

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る