「海外でのカスタマイズはどうあるべきか」なかなか教えてもらえない生産管理システムの重要ポイント(1)by SimLex Development

海外でのカスタマイズはどうあるべきか

どういう処理でカスタマイズが発生するのか
・一番に上げられるのは、帳票類です。少なくともInvoice、Delivery Note、Credit Note、Purchase P/Oなどは必須となります。

・各ユーザにおいて、固有名詞が業界特有で汎用ソフトエアと違う場合、その固有名詞をカスタマイズしたい。また、各種マスタや業務処理で項目を追加したい。

・他のソフトウエアと接続する場合、ソフトウエア間を接続するインターフェイスをカスタマイズする必要がある。

・その他、EDIの取込み、汎用ソフトウエアにない処理を追加するなどがあります。

続きはSimlex Development本サイトでご覧ください。—> 該当ページに飛ぶ

SimLex Developmet Co., Ltd. 古賀 敏生


九州大学を卒業後、大手ベアリング会社に就職し生産技術研究所にて工程設計を経験し、38才で独立後スケジューラ・生産管理システムを中心とした開発・販売を実施した。その後、タイにてSimLex Development Co., Ltd.を設立し、0ベースよりERP・生産管理システム・会計システムを開発・販売し現在に至る。

関連記事

トピック

  1. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  2. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…
  3. チャオプラヤ川最大級の最新ディナークルーズ船が登場! ディナークルーズを楽しみながら見る夜景でキラ…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 神奈川フードフェア/KANAGAWA FOOD FAIR タイ初!神奈川県のおいしいもの大集合…
  2. https://thaientame.com/  タイポップのライブイベント「Superbal…
  3. 「 Secrets for Youthful Skin 若々しい肌を保つ秘訣 」バムルンラード病…
ページ上部へ戻る