IMDの世界競争力ランキング タイ30位、日本35位

【アジア】スイスのビジネススクール、IMDがまとめた2023年版の世界競争力ランキングで、タイは前年から3つ順位を上げ、調査対象の64カ国・地域中30位だった。

 ランキングは経済状況、政府の効率性、ビジネスの効率性、インフラなどに関する統計データと経営者へのアンケートから算出した。

 タイは経済状況が16位、政府の効率性が24位、ビジネスの効率性が23位、インフラが43位だった。

 ランキング1位は昨年に続きデンマーク、2位アイルランド、3位スイス、4位シンガポール、5位オランダ、6位台湾、7位香港、8位スウェーデン、9位米国、10位アラブ首長国連邦(UAE)。

 主要国とアジア諸国は15位カナダ、17位サウジアラビア、19位オーストラリア、21位中国、22位ドイツ、27位マレーシア、28位韓国、29位英国、33位フランス、34位インドネシア、35位日本、40位インド、52位フィリピン、56位メキシコ、60位ブラジル、61位南アフリカ。

関連記事

トピック

  1. コムローイツアー第二弾☆再度予約受付開始!! 先行予約枠が大好評につき完売のため追加枠を確保しまし…
  2. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  3. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る