バンコク都心の高層オフィスビル開業 三菱地所が共同開発

【タイ】タイの不動産デベロッパー、ライモンランドと三菱地所がバンコク都心の高架鉄道BTSプルンジット駅前に共同で開発した高層オフィスビル「ワンシティセンター(OCC)」が7月1日に正式に開業する。

 地上61階、地下4階、高さ276メートルで、商業エリアには「ディーンアンドデルーカ」、「%Arabica(アラビカ)」などが入居する。第4四半期に最上階のバーと58階のレストランが開業する予定。入居率は現在約70%で、2024年前半の100%を目指す。

ワンシティセンター(画像提供、Raimon Land)

ワンシティセンター(画像提供、Raimon Land)

ワンシティセンター(画像提供、Raimon Land)

 

【PR】過去にタイで勤務した満55歳以上の方、タイの年金が受給できます。詳しくはこちら

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1.   「タイの地方の子供たちにきれいで健康的な水を届けたい」。  水戸東、盛岡西北、仙台南、戸田、浦…
  2.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
  3. バムルンラード病院ヘルシーキッズイベント開催 今週日曜の3月3日朝10時より12時まで…
ページ上部へ戻る