バンコクのモノレール新路線ピンクライン、来年に開業延期

【タイ】タイ字紙タイラットなどによると、タイ電車公社(MRTA)は18日、バンコク首都圏で建設中のモノレール「ピンクライン」の工期を345日延長することを承認した。2024年6月開業を目指す。

 MRTAから事業権を得て「ピンクライン」を開発運営する民間企業ノーザン・バンコク・モノレールが新型コロナウイルス感染症の影響を理由に工期の延長を申請していた。工期の延長は今回で3度目。当初は2021年開業の予定だった。

 「ピンクライン」はバンコク北郊のノンタブリ県ケーライから東のバンコク都ミンブリに伸びる全長34.5キロ、30駅。PPP(官民連携)プロジェクトで、カナダのボンバルディア製の車両を使用する。

写真提供、MRTA

関連記事

トピック

  1. インターコンチネンタル@パタヤで優雅に過ごそう♪ 6/30までの予約に限るプロモでお得☆1泊からO…
  2. タイ駐在中に必ず行きたい休日を過ごすためのパーフェクトな楽園 ☆モルディブ☆行くなら早割や特典付で…
  3. バンコク発、日本行きプロモーション航空券情報♪ 期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討ください …

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る