プノンペンのかんがい施設整備に円借款25億円

【カンボジア】日本政府はプノンペン南西部のかんがい排水施設などの改修、整備に24億8200万円の円借款を供与する。10日、プノンペンで、植野篤志駐カンボジア大使とプラック・ソコン・カンボジア副首相兼外相が交換公文に署名した。

 カンボジアでは、国内総生産(GDP)の多くの部分を占め、地方村部の主要生計手段となっている農業の生産性向上のため、老朽化が進むかんがい施設の復旧、改善が喫緊の課題となっている。今回の支援案件は2014年に署名を行っているが、急激な為替変動などで総事業費が増加したことを受け、円借款を追加供与する。

 カンボジアは面積約18万平方キロ(日本の約0.48倍)、人口約1695万人(2021年、世界銀行)、人口1人当たりの国民総所得(GNI)1550ドル(2021年、世界銀行)。

関連記事

トピック

  1. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…
  2. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…
  3. チャオプラヤ川の夜風に吹かれ夜景を眺めながら楽しむ ディナークルーズは暑さも和らぎ雨期が始まる前の…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る