インドネシアに円借款436億円 水力発電所建設など

【インドネシア】日本政府はインドネシア政府に対し、2件、総額436億2900万円の円借款を供与する。29日、ジャカルタで、金杉憲治駐インドネシア日本大使とアブドゥル・カディール・ジャイラニ・インドネシア外務省アジア・太平洋・アフリカ総局長が交換公文に署名した。

 2件は▼スマトラ島アチェ特別州に水力発電所を建設する「プサンガン水力発電所建設計画(第二期)」。供与額136億2900万円▼洪水、地滑り、地震、火山噴火といった自然災害が頻発するインドネシアの防災分野の政策・制度の改善を後押しする「災害に対する強靱化促進・管理プログラム・ローン(第三期)」。供与額300億円――。

 インドネシアは面積約192万平方キロ(日本の約5倍)、人口約2.8億人(2021年、インドネシア政府統計)、人口1人当たりの国民総所得(GNI)4140ドル(2021年、世界銀行)。

ジャカルタ

関連記事

トピック

  1. ソンクラン期間の予約が増加中☆確保済みのお部屋も残室わずか/満員御礼コースも続々と♪ ご検討&予約…
  2. 『幸福の夜明け』を意味する世界遺産スコータイ遺跡群を巡る旅! かつて栄華を誇った古都で静かに佇む仏…
  3. ソンクランツアー2024予約受付中!早期予約割引きコースは早めにご検討ください! ハロン湾船上泊コ…

要チェック!イベント&セミナー

  1.   「タイの地方の子供たちにきれいで健康的な水を届けたい」。  水戸東、盛岡西北、仙台南、戸田、浦…
  2.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
  3. バムルンラード病院ヘルシーキッズイベント開催 今週日曜の3月3日朝10時より12時まで…
ページ上部へ戻る