日本政府、タイ南部のマングローブ林再生プロジェクトに1500万バーツ無償資金援助

【タイ】日本政府は公益財団法人オイスカが手がけるタイ南部ラノン県の「マングローブ林再生を通じた社会的弱者層生活向上プロジェクト」に1494万5003バーツ(約5800万円)の無償資金援助を行う。10日、在タイ日本大使館で、梨田和也大使とオイスカ・タイ事務所の春日知美駐在代表が署名式を行った。

 政府はオイスカのラノン県のマングローブ林再生プロジェクトに対し、2021年に1919万9396バーツ、2022年に1754万9511バーツの無償資金援助を行った。今回が3回目。今回はマングローブ植林の管理、啓発活動、エコツアーの拡充、コミュニティーセンター(道の駅をイメージ)の運営、プロジェクトの発展持続を目的とした活動報告会、日本国内の事例を学ぶ訪日研修などを行う。

 オイスカの前身は1961年に設立された精神文化国際機構で、初代総裁は新興宗教、三五教の教祖、中野與之助氏。

 

関連記事

トピック

  1. 優雅な休日をハイアット リージェンシー ホアヒンで過ごそう♪ お得なプロモーションは5/31まで…
  2. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  3. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る