ASEAN初、インドネシアに統一基準対応の自動車認証試験場 豊田通商など参画

【インドネシア】豊田通商は12月7日、インドネシア運輸省が同国西ジャワ州ブカシ県で官民連携方式で進める自動車認証試験場の設計、建設、保守事業に、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)、現地パートナー企業とともに参画すると発表した。

この自動車認証試験場は2020年に制定された自動車分野におけるASEAN(東南アジア諸国連合)域内相互承認協定に基づき統一される国連基準(UNR)に対応するASEAN初の試験場となる。

インドネシアはトヨタ自動車など日系自動車メーカーが多数進出し、自動車産業においてアジアの重要な生産販売拠点となっている。2021年12月から、豊田通商が参画するジャカルタ東郊のパティンバン新国際港自動車ターミナルの運営が開始され、さらなる輸出競争力向上も期待される。

現在、インドネシア製の自動車をASEANに輸出する場合、輸出先の国でも再度型式認証を取得し、販売する必要があるが、ASEAN域内相互承認協定に基づくUNR対応の試験場が整備されれば、インドネシアで認証試験を受けた自動車のASEAN域内での流動性、柔軟性が高まることが期待される。

関連記事

トピック

  1. バンコク発、日本行き航空券プロモーション情報♪ JAL購入期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討…
  2. 荘厳なアンコールワットを観光するならグリーンシーズンも♪ 雨季は力強い緑に映える苔むした遺跡が神秘…
  3. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 日タイ男子バレー「Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024」チケット販売開始

     9月14日(土)・15日(日)にバンコク都内のニミブットスタジアム(Nimibutr Stad…
ページ上部へ戻る