東京建物、タイ2カ所で物流施設開発

【タイ】東京建物はタイの不動産デベロッパー、SCアセットと共同で、バンコク南郊のサムットプラカン県とタイ東部チョンブリ県で物流施設の開発に乗り出す。東京建物が海外で物流施設を開発するのは初めて。

 サムットプラカンのプロジェクトは敷地面積約14万7073平方メートル、倉庫5棟、延床面積約7万8252平方メートルで、2025年1月〜2026年2月に順次開業する。

 チョンブリのプロジェクトはレムチャバン港から約10キロに立地。敷地面積約8万1329平方メートル、3棟、延床面積約4万6602平方メートルで、2025年2月〜2026年1月に順次開業する。

 東京建物は2018年にタイに進出し、分譲マンション5件、オフィスビル3件を手がける。

 SCアセットはタイのタクシン元首相一族が所有し、タイ証券取引所(SET)上場。 

チョンブリのプロジェクト計画地(画像提供、東京建物)

関連記事

トピック

  1. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…
  2. 只今、真っ盛り!そうだ、サムイへ行こう。 夏休み7-8月のサムイ島は人気が高いので早急にご予約検討…
  3. インターコンチネンタル@パタヤで優雅に過ごそう♪ 6/30までの予約に限るプロモでお得☆1泊からO…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング

    昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング  Japan Volleyba…
ページ上部へ戻る