丸紅、ベトナム北部のタイ資本系工業団地に出資参画

【ベトナム】丸紅は12日、タイ工業団地大手アマタのグループ会社でベトナム北部クアンニン省でアマタシティ・ハロン工業団地を開発運営するアマタシティ・ハロンの株式20%を取得し、経営に参画すると発表した。

 アマタシティ・ハロン工業団地はハノイ市街地から約130キロ、ハイフォン港から約25キロに立地。開発面積714ヘクタールで、ジンコソーラー、オートリブ、キャステム、多摩川精機、パーツ精工、フジックス、フォックスコンなどが入居する。

 

Amata City Halong工業団地(写真提供、丸紅)

関連記事

トピック

  1. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…
  2. 只今、真っ盛り!そうだ、サムイへ行こう。 夏休み7-8月のサムイ島は人気が高いので早急にご予約検討…
  3. インターコンチネンタル@パタヤで優雅に過ごそう♪ 6/30までの予約に限るプロモでお得☆1泊からO…

要チェック!イベント&セミナー

  1. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  2. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  3. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  1. 昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング

    昨年以上の盛り上がりに 日タイ男子バレー選手ファンミーティング  Japan Volleyba…
ページ上部へ戻る