タイ東北で大麻栽培工場摘発

【タイ】タイ内務省は6日、販売目的の大麻を無許可で所持した疑いで、東北部コンケン県在住のタイ人男を逮捕したと発表した。男は県内の村に大麻の栽培工場を設け、大麻草約1400本を栽培していた。

 タイの前政権は2022年に、大麻を一部を除き麻薬処罰法の「第5種麻薬」から除外し、栽培、利用を合法化した。これを受け、タイ国内は大麻関連の店舗が林立する状態になっている。23年に発足した現政権は大麻の利用を医療目的に限定する方針を打ち出しているが、具体的な道筋は示していない。

写真提供、タイ内務省

写真提供、タイ内務省

 

関連記事

トピック

  1. バンコクから気軽に行ける人気の離島サメット島☆ 7-8月連休辺りが混み始めています!プロモで予約は…
  2. 2024年4月-10月パンフレット『シンダイの旅』HP掲載中! 夏休みの旅行計画(7-8月)は早め…
  3. 高層階バルコニーからの眺めは、バンコク随一の絶景☆ バンコク滞在で1度は泊まってみたいホテル『Le…

要チェック!イベント&セミナー

  1. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  2. 出産準備教室のお知らせ 2024年5月25日(土)10:00-12:00  バムルンラード病…
  3.  バムルンラード病院の健康診断プログラムのヘルスフェアが、2024年5月15日まで延長されました…
  1. あの感動と興奮がタイで再び!Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024開催決定

     東南アジアでのバレーボールの普及、競技向上、日本のバレーボール、V.LEAGUEの魅力を海外に…
ページ上部へ戻る