ブラックパンサー役で有名な俳優のチャドウィック・ボーズマンが43歳の若さで大腸がんで亡くなったことで、50歳以下の人々の間でこの病気のリスクに対する認識が高まっています。

一般的に、大腸がんは主に高齢の方がかかる病気だという誤解をされている方が多いのですが、実際には、50歳以上の罹患率は減少しているものの、50歳未満の罹患率は急増しているのです。

2023年初頭、米国癌協会(ACS)は、2019年には大腸癌診断の20%が55歳未満であり、この数字は1995年から倍増していると報告しています。さらに、この年齢層の進行症例の罹患率は毎年3%上昇しており、それに対応して死亡率も2004年以降毎年1%上昇しています。

この傾向は米国に限ったことではなく、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、ニュージーランドの国々でも1995年以降、若年層の罹患率が上昇していることを示すデータがあります。

本ページで記事を読む

関連記事

トピック

  1. 日本メディアのタイ旅行特集で度々見かけるLebuaから 4/30までの予約限定プロモーション♪休日…
  2. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  3. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る