ブラックパンサー役で有名な俳優のチャドウィック・ボーズマンが43歳の若さで大腸がんで亡くなったことで、50歳以下の人々の間でこの病気のリスクに対する認識が高まっています。

一般的に、大腸がんは主に高齢の方がかかる病気だという誤解をされている方が多いのですが、実際には、50歳以上の罹患率は減少しているものの、50歳未満の罹患率は急増しているのです。

2023年初頭、米国癌協会(ACS)は、2019年には大腸癌診断の20%が55歳未満であり、この数字は1995年から倍増していると報告しています。さらに、この年齢層の進行症例の罹患率は毎年3%上昇しており、それに対応して死亡率も2004年以降毎年1%上昇しています。

この傾向は米国に限ったことではなく、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、ニュージーランドの国々でも1995年以降、若年層の罹患率が上昇していることを示すデータがあります。

本ページで記事を読む

関連記事

トピック

  1. バンコク発、日本行き航空券プロモーション情報♪ JAL購入期間限定・座席枠限定です!≪ 急ぎご検討…
  2. 荘厳なアンコールワットを観光するならグリーンシーズンも♪ 雨季は力強い緑に映える苔むした遺跡が神秘…
  3. 来タイ不慣れな家族・友人など大切なお客様に空港サービスを! 夏(お盆)休みの混雑時期もスムーズな入…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 学窓から大空の決戦場へ - 海軍飛行専修予備学生の軌跡 - 日時:2024年7月27日 【土】…
  2. JAPANESE SHOYU MANUFACTURES TASTING &BUSINESS …
  3. タイランドプリビレッジ含む⻑期滞在ビザ そしてタイのインターナショナルスクールに関する無料セミナー…
  1. 日タイ男子バレー「Japan Volleyball Asia Tour in Thailand 2024」チケット販売開始

     9月14日(土)・15日(日)にバンコク都内のニミブットスタジアム(Nimibutr Stad…
ページ上部へ戻る