プーケットなど観光地の4つ星以上ホテル、最低賃金400バーツに

【タイ】政労使の代表からなる賃金委員会は26日の会合で、主要観光地である10カ所の指定地域の4つ星以上、従業員50人以上のホテルについて、従業員の法定最低賃金を1日400バーツに引き上げることを決めた。近く閣議で承認し、4月13日から施行する。

 10カ所の指定地域は▼バンコク都パトゥムワン区とワタナー区▼南部クラビ県アオナーン地区▼東部チョンブリ県パタヤ市▼北部チェンマイ県チェンマイ市▼西部プラジュワブキリカン県フワヒン市▼南部パンガー県ククカク地区▼南部プーケット県▼東部ラヨン県バンペ地区▼南部ソンクラー県ハジャイ市▼南部スラタニ県サムイ島――。

 タイの最低賃金は現在、都県別で1日330〜370バーツ。

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る