大和ハウス工業とタイWHA、ベトナム北部でマルチテナント型物流施設開発

【ベトナム】大和ハウス工業はタイ工業団地大手WHAと共同で、ベトナム北部フンイエン省ミンクアン工業団地でマルチテナント型物流施設を開発する。

 平屋建て、敷地面積7万109平方メートル、延床面積4万2330平方メートルで、最大10社のテナント企業が入居可能。2024年12月末竣工の予定。現地の運営会社には大和ハウス工業が51%、WHAが49%出資する。

 施設の周辺は工業団地が集積したエリアで、90社以上の日系企業が進出している。

写真提供、WHA

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る