バンコク・ナナ地区で外国人麻薬売人取り締まり 警官200人動員

【タイ】タイ当局はバンコク都内のゴーゴーバーなどが建ち並ぶ繁華街ナナ地区で、外国人の麻薬売人の摘発に乗り出した。18〜21日にアフリカ人を中心に8人を逮捕し、コカイン約5グラム、ヘロイン約14グラムなどを押収した。21日夜には、警官約200人を動員して、ホテル、アパート、娯楽施設などを捜索した。

 ナナ地区では最近、外国人がツーリストに麻薬を売っているという苦情があり、スイス人旅行者がコカインの過剰摂取で死亡する事件もあった。

 

写真提供、Office of the Narcotics Control Board

写真提供、Office of the Narcotics Control Board

写真提供、Office of the Narcotics Control Board

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る