タイのセブンイレブン1.5万店、8カ国・地域の13決済アプリに対応

【タイ】約1万4500店あるタイのセブンイレブン全店で、中国アリババ集団傘下の金融会社アント・グループが展開するクロスボーダー決済サービス「Alipay+(アリペイプラス)」により、新たに9つの決済アプリが利用できるようになった。

 新たに利用できるようになったのはマレーシアの「MyPB」、韓国の「Naver Pay」と「Toss Pay」、シンガポールの「Changi Pay」と「OCBC Digital」、フィリピンの「GCash」、モンゴルの「Hipay」、マカオの「MPay」、イタリアの「Tinaba」。

 タイのセブンイレブンでは2015年から「Alipay」が、2023年から香港の「AlipayHK」、韓国の「Kakao Pay」、マレーシアの「Touch ‘n Go eWallet」が利用できるようになっていた。

画像提供、Spark Communications

関連記事

トピック

  1. ユネスコ無形文化遺産に登録された「水かけ祭」としてのソンクラーン 『アジアの風だより』第222話 …
  2. 暑いバンコクの夜はチャオプラヤー川のディナークルーズもアツい♪ 爽やかな夜風にキラキラ輝く水面と夜…
  3. 今からでも間に合うソンクランツアー☆世界遺産ルアンプラバン3日間☆ 通常より割引&たっぷり観光付で…

要チェック!イベント&セミナー

  1. 英語セミナー「The Foreign Correspondents’ Club of Thailan…
  2. 新しいライフスタイルのための健康診断パッケージ、バムルンラード病院の「2024年度ヘルスフェ…
  3.  今週末 3月2日土曜日にアソーク・ペッブリー地区にありますシーナカリンウィロート大学構内のコン…
ページ上部へ戻る